スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故ヨーロッパ人はアジア人よりも酒に強い?

 欧米人は日本人よりアルコールに強いと言われていますが、

たくさん飲めるというよりも、飲めない人がいない、

飲んでもあまり悪酔いしないということのようです。

 アルコールは、体内でアセトアルデヒドという有害な物質に変わります。

これを分解して酢酸に変える働きをもつ酵素を、

ヨーロッパではぼぼ100パーセントの人が2種類持っています。

 他方アジアでは、この酵素を一種類しか持っていない人が半数を占めています。

酒が飲めない人というのは、酵素を一種類しか持っていなくて、

アセトアルデヒドを体内に蓄積してしまう人なのです。

 ヨーロッパ人がアルコールに強くなったのは、歴史的な事情もあるといわれています。

ヨーロッパでは昔、冬場に蓄えてあった麦がよく発酵してアルコール分が発生しました。

しかし、そんなビールのようになった麦でも、

食料が十分にない状況では食べないわけにはいきません。

赤ちゃんだって、ビールで煮たようなお粥を毎日食べさせられました。

当然、アルコールに弱い子供は生きていけなかったのです。

 このようにして、次第に下戸が淘汰されてしまったため、

ほぼ100%の人が酒に強くなったと推測されています。






スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
フリーエリア
パンローリング トレーダーズショップ外為ファイネスト【MT4】
カテゴリ
リンク
にほんブログ村 その他日記ブログへ
人気ブログランキングへ ブログランキング
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

zatugakumamemame

Author:zatugakumamemame
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。